感染症対策の取り組み
Infectious Disease Measures

お客様に安心して食事をお楽しみいただけるよう、日々衛生対策を実施しております。

平素よりnonpi LUNCH (運営:株式会社ノンピ)をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

当社は「徹底的に衛生的であること。」をミッションの1つとし、お客様に安心して食事をお楽しみいただけるよう、日々衛生対策を実施しております。
具体的な対策として調理スタッフに手洗いうがい・アルコール消毒の徹底と、マスク・ゴム手袋・ヘアキャップの着用を義務付けており、外部機関による衛生検査も毎月実施しております。
加えて一連の「新型コロナウィルス」発生に伴い「全スタッフの渡航歴確認」と「体温の報告」を必須とし、「通勤時間の調整」をすることでリスク低減に努めております。
商品をお届けする配送員においても「マスク着用」を必須とし、アルコールスプレーを持参して「お客様先で消毒」した上で商品をお運びするよう義務付けております。

感染症対策に関する研究活動のご報告

2020年7月より感染症学の専門家・聖マリアンナ医科大学 國島広之教授とアカデミックアドバイザーの契約を締結致しました。

國島広之教授

聖マリアンナ医科大学 感染症学講座 教授
兼 聖マリアンナ医科大学病院 感染症センター長

2016年聖マリアンナ医科大学感染症学講座教授就任。日本感染症学会感染症専門医・指導医。「薬剤耐性菌制御における腸内細菌フローラに関する探索研究」や「感染症危機管理地域ネットワークの開発研究」など感染症に関する研究にも携わる。現在、日本プロ野球機構/Jリーグのアドバイザーを務める

安心安全な食事を提供できるモデルを構築

nonpi LUNCHでは新型コロナウイルスの流行以降、お客様が安心して食事と会話を楽しむことができるような「リスクをコントロールした」食の提供方法を模索してきました。

結果、安心安全な食事を提供できる食事モデルを構築するためには、感染症についての専門的・学術的な知見をもとに食事における感染リスクを検証し、対策を検討することが必要であると考えました。

以上のことから、この度 聖マリアンナ医科大学 感染症学講座の國島広之教授 とアカデミックアドバイザーの契約を締結致しました。

國島広之教授のアカデックアドバイザー就任により「感染症」に関する以下の取り組みを進めて参ります。

・ケータリングにおける感染症対策の共同研究(実験実施)
・感染症対策をした食事モデルの構築

國島教授のインタビューと、nonpi LUNCHの対策動画はこちら↓

当社としては今後も「新型コロナウィルス」による影響を注視し、お客様ならびにスタッフの安全確保を第一として、営業を続けてまいります。

何卒ご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。